MENU

愛車が、だいたいどれくらいになるのか概算査定を無料で調べてみる方はコチラ

ズバット車買取比較

日本最大級の一括査定サービスのズバット車買取比較。初めての軽自動車見積もり依頼であれば、ズバットに依頼することで間違いないと思います。

 

 

かんたん車査定ガイド

概算査定をかんたんに調べたいなら、かんたん車査定ガイドがオススメです。愛車の概算見積もりが30秒程度ですぐに確認できます。

 

 

カーセンサー

一括査定サービスに登録をすると、その車に興味のある業者から、実際に車を査定させてくださいと電話連絡が入りますが、あまりそのような電話連絡が苦手という
方は、メールでの連絡を依頼できる、コチラのカーセンサーがオススメ。

 

軽自動車を高く売るコツとは?

軽自動車は、高価買取査定を引き出しやすい車種です。
中古車市場で、人気の高い軽自動車は良く売れることから、どの中古車販売店でも在庫を抱えておきたい車だからです。

 

買取業者が、軽自動車を仕入れる先は、軽自動車を売りたいと考えている人達ですので、高く売るコツを知って、少しでも高く買取してもらいましょう。

 

はじめに、乗り換えを予定されている人であれば、そのディーラーに下取りしてもらう予定の人が多いと思いますが、一般的に下取りよりも買取の方が高く売ることが可能です。
下取りでは、購入と買取がセットなので、手間が少なくて済むというメリットもありますので、5万でも10万でも高く売りたいということでなければ、ディーラーに下取りしてもらうのも良いと思います。
また、乗り換え等ではなく、今回は車を売るだけであれば、買取業者を利用することをオススメしますが、自宅から近くの買取業者へ持ち込んで、即買取してもらうという方法は避けましょう。
軽自動車を最も高く売るコツは、複数の買取業者に見積もりを依頼して、そのなかで最も高い査定額を提示してくれた業者の査定額がいくらかを確認して、仮にその価格が50万だとしたら、その次に高い査定額を提示してくれた業者と、その次に高い査定額を提示してくれた業者、つまり2番手、3番手の業者に、A社で50万の査定を提示されていますが、それ以上での買取は可能ですかと、と交渉してみましょう。

 

というのは、基本的に、査定業者は『出来るだけ安く、でも他の業者よりは少しだけ高く買取したい』と考えています。
ここでのポイントは『出来るだけ安く』でもなく、『他の業者よりは少しだけ高く』でもなく、『買取したい』と考えているというところです。

 

なぜなら、冒頭に説明した通り、中古車販売店では車が売れなければ売り上げが上がりません。売り上げが上がらないということは利益が出ないので、事業の運営に影響してしまいます。
その為、車を売らなくてはならないわけで、その中でも良く売れる軽自動車をたくさん売りたいと考えています。
でも、いくら売りたくでも売る車が無くては始まらないので、どうしても売りたいという人から買取したいわけです。

 

そして、利益を最大にするためには出来るだけ安く買取したいわけですが、同じような考えの中古車販売店がたくさんあるので、自社で買取るためには、他の中古車販売店よりも少しだけ高く買取りたいと考えています。

 

他の買取業者の金額を聞きだしてから、その金額+微αしたいわけですから、はじめから限界ギリギリの査定額を提示してくる業者はありません。
つまり、どの業者も、「もう少し金額が上がりませんか」と交渉されることを前提に、限界の査定額からマイナス2、3割程度で査定額を提示してきます。

 

要するに、提示された査定額に対して、交渉しないというのはその2、3割のUP分を捨ててしまうことになるので、交渉は必ずして頂きたいと思います。
そして、その交渉をする際にも、現時点で最も高い他の業者の査定額を伝えて、それ以上が可能かどうかを交渉してみましょう。
もし限界値を超えていれば、その時点でその業者は脱落しますし、そこを超えてくるということは、まだ限界値ではない可能性もあります。
この業者をB社として、金額が52万だったと仮定しましょう。

 

もしこの展開になれば、今度はいちばんはじめに最も高い査定額を提示してくれたA社に対して、B社で52万の査定額を提示してもらっていますが、それ以上は可能ですか、と交渉してみましょう。
先ほども書いた通り、A社は、はじめから50万の査定額を提示してきている以上、その50万が限界値ではないからです。
必ず、実際の査定額よりも2、3割抑えた金額で提示してきますので、A社は本当はもっと高くても買取したいと考えていて、他がそれ以上だった場合に、その金額にちょっとだけ上乗せして買取したいと考えているからです。

 

こうして交渉していくことで、買取金額を限界値までいくことが可能になります。

中古車軽自動車を売るとき、高く売れるというのは本当でしょうか

結論から言えば、軽自動車の査定は相場が安定しているので、高く売れる可能性が高いです。
軽自動車の相場が安定しているのは、燃費が良く、税金や車検費用などの経済的な面でも、普通車に比べて優位なことから、その維持費が安いという点が人気で、そうした人気がこれからもさらに続いていくと考えられているからです。
軽自動車は査定の際に減点対象となるポイントも少ないので、査定額があまり下がることがありません。
最近は、人気車と言えば軽自動車のネームを聞くことも多いと思います。
例えば、見た目はコンパクトなのに、室内は広々としたつくりになっているNBOXなどの人気車をはじめ、そうした人気軽自動車が販売台数も上位を独占していたりします。
そして、買取してくれる車種も、何も人気車や年式の新しい車だけではありません。
維持費が割安で気軽に乗り回せる軽自動車は、販売された年代や人気の有無に関わらず、需要が高さを反映して、買取価格も高くなっています。

 

とは言え、近くのディーラーや買取店にただ持ち込んでも軽自動車を高く売ることは出来ませんので、軽自動車を高く売るコツをここでは軽自動車を高く売るコツをお話ししたいと思います。

 

軽自動車の買取価格はなぜ下がらないのか

購入価格よりも買取価格が低くなるのは一般的ですが、軽自動車に関してはその例外のひとつです。

 

結局、需要と供給のバランスによって価格が決まる中古車市場においては、軽自動車の需要が高水準で保たれている現在、ある程度の価格でも皆が購入するので、当然仕入れ値も高くなります。
高くなるというよりも、もちろん買取業者は1万でも2万でも安く買取できれば、その分自社の利益に直結するので、それにこしたことはありませんが、でもどの買取業者も良く売れる軽自動車を仕入れしたい訳ですから、おのずと競争が生まれ、買取価格が高くなります。
つまり、軽自動車を高く売るコツは、複数の買取業者に見積もりを依頼して、A社は〇〇円の提示でしたので、それ以上で買取してもらえますか、と交渉することで、買取価格を限界値まで引き上げることが可能になります。
中古車市場で需要の高い軽自動車を売る際は、できるだけ多くの買取業者に査定を依頼しましょう。

車を売る際に必要な書類

車を売却する際は、様々な手続きが必要になりますが、基本的にはそれらは買取業者がすべてを行ってくれるシステムになっています。
ただし、車を売る際に揃えておかなくてはならない必要書類がありますので、それらすべてが揃わないと売却できません。

 

では、どのような書類が必要になるのでしょうか。

 

軽自動車は、普通車と違って管理しているところが違うので、普通自動車を売るときに必要になる書類と一部異なります。
まずはじめに必要になるのが車検証です。
これは車に関連する手続きではほぼ必須の書類ですが、車内に保管されていると思いますので、再確認しておきましょう。

 

続いて、軽自動車税納税証明書ですが、これは軽自動車税をしっかりと払っていますという証明書です。
車検証と一緒に運転時の際には携行する必要があるので、こちらも車内に保管されていると思います。
念のため、再確認しておきましょう。

 

さらに自動車リサイクル券という書類も必要になります。
これはその車を廃車にした時の費用を予め支払いましたという証明書で、所有者の名義が変わっても、この権利を持ち回りすることになりますので、名義を変更する際に、買取業者側から費用を回収させてもらいましょう。
その他、ローンの残債がある場合は、別途必要になる書類がありますので、買取業者に確認してみましょう。

 

ここでは軽自動車を売る際に必要な書類をざっくりと説明しましたが、基本的には一括査定サービスに加盟している買取店であれば、手続き関連はすべて代行してくれますので、買取業者が決まったら、必要な書類を再確認してみましょう。

 

ほのぼのカーライフ

更新履歴